不動産担保ローンの取り扱い機関

不動産を担保にローンを組む不動産担保ローンは、いろいろな金融機関で取り扱いがあります。

融資ですからもちろん銀行で取り扱いがあります。

その他、ノンバンク系、信販会社、不動産会社でも扱っている場合があります。

また不動産ローンを専門にとりか使っている企業もあります。

住宅ローンはよく聞きますが、不動産担保ローンは取り扱いがない、という金融機関もありますので、まずは取り扱い商品を確認してみるのがよいですね。

不動産担保ローンは不動産の価値にもよりますが、わりと大きな金額の融資が可能となるので、少しの金利でも長期の借り入れを考えると、かなり大きな差が出てきます。

したがっていくつか不動産担保ローンを比較してみることが賢い方法だと思います。

金利が安いというのは、不動産担保ローンを利用する側にとっては大きなメリットになりますが、むやみに安い金利を全面にするだけの機関は、注意が必要です。

貸金業者は各都道府県知事の登録を受けなければ営業することはできません。

登録番号が表記されているかどうか、確認して業者を選ぶのがよいですね。

また、金利については出資法で、29.2%を上限と定められています。

それ以上の金利は違法となります。

その点も注意して不動産担保ローンをどの業者で利用するか見極めることが大切です。

不動産担保ローンは、一般的に長期の借り入れができるので、返済額や返済スケジュールなどシミュレーションしてみること、その際に親身になって相談にのってくれる業者であるかどうか、なども比較する際のポイントになると思います。

■気になるサイト⇒名城大学経済学部